ドリームボードとは?
ホーム >  ドリームボードとは?

あなたの夢はなんですか?

あなたは、こう質問されたら、なんと答えますか?

「私の夢は・・・」と言いかけたものの、そのあとが続かずにつまってしまいませんか。
実際、87%の人が、この質問に即座に答えることができませんでした。

しかし、自分の夢を答えられなかった人でも、よくよく思い返してみれば、小学校の時に卒業文集を書いた記憶がよみがえって来ませんか?
あなたは、そこに何と書いたのでしょう? きっと夢を持っていたはずです。

自分は何のために生きているのだろう?

世の中には、自分の夢や人生の目標を見失って、自分探しの旅に出る人も少なくありません。
しかし、いくら「自分の背中」を追いかけても、本当の自分に出会える人はいません。
決して、見つからない自分探しをしている間に時間は過ぎ去り、残された人生の時間の短さに、がく然とする人が多いといいます。

ドリームボードは、私たちだれもが、心の深くに必ず抱いている、でも自分自身だけでは決して気づくことのできない「本当の夢」や「ワクワク夢中」を発見するための研修です。

自分が気づかない夢を発見する。

一見するとドリームボードは、1人でも簡単に作れそうなものに見えます。
ところが、表面的な形をそのまま真似たとしても、今まで気づけなかった本当の自分の夢を「発見する」ことはできません。
なぜならば、あなたが本当に見つけ出したい夢は、これまでの人生の間に積もり積もった芥(どうでもよいこと)に隠れ、自分では気づくことができないほど深く潜在意識の底に埋もれてしまっているからです。
潜在意識の中にあるものは、いくら考えても、いくら言葉にしようと思っても、できないのです。

ドリームボード研修は、あなたが自分自身の中から本当の夢を見つけ出すための、特別ですが誰にでもできるプロセスが組み込まれた研修です。

夢のために2日間もかけられないよ!?

ドリームボード研修の特色の一つは、日常を離れた自然の中で2日間の時間をかけて行うことです。

たかが夢のために2日間も費やすなんて、時間がもったいない?

いま30才の人に残された人生の時間は、約20100日(85才の 寿命として)、50才の人なら約12800日です。
長い人生の航海をするのに、目的地を確かめ(夢を探す)航路を計画する(ドリームボードを作る)のに、たった2日の時間は長すぎますか?
実は驚くことに、2日間の研修に参加した誰もが、
「次から次にやりたい事や欲しいものが見つかって、時間が足りないかと思いました!」
と感想を漏らしています。

ドリームボード研修は、最新の脳科学と経験から導き出された2日間のプログラムです。
二日目、皆さんはご自身で発見した夢が、ストンと脳にインストー ルされる感覚を味わうことになるでしょう。

とはいっても、明日の夢のために今日を犠牲にする人生なんて嫌だ !

中には、このように考える人もいるかもしれませんね。
ときに、“ やらなければならない “ 目標や夢は、人を苦しめてしまうことがあります。
かかげた夢を達成できなかったときのことを考えると、プレシャーに押しつぶされそうになったりします。
実は、私たちの脳は、「楽しい!やりたい!と思っていること以外はやらない。」という脳と心の法則、快楽原則に従っています。

ですから、わたしたちのドリームボード研修では、最初から目標を設定することをしません。
心の奥や心の深いところの価値ある希望や欲求に、自分自身が気づくことから始めます。
“ いま、ワクワク夢中になれる未来 “との出会い、それを発見するのがドリームボードなのです。

夢が意識を変え、意識が行動を変える

“ ワクワク夢中 ” になれる本当の自分の夢を発見し、ドリームボードを作ると、典型的な行動の変化がおこります。

自分自身で自らの行動を変えていく、ということです。

特にその変化が著しいのが、9才から14才位の子供たちです。
子どもたちは、ドリームボードに貼った夢を実現する方法を予め知っていたかのように、自分自身で計画を立て、それを宣言し、まるでスイッチをオフからオンに切り替えたように行動を変えていく、という変化です。

そのような人生を変える現場に、あなたやあなたの子どもたちと一緒に参加してみませんか!

img_about2

研修の風景といきさつ

bnr_dreamboard_btn

ホーム >  ドリームボードとは?
PAGE TOP